ベトナム料理って辛いイメージがあるのですが…

日本人のイメージからすると、東南アジア諸国の料理はどれもこれも辛いと思ってしまいがちです。

たとえばタイ料理でしたら、ほとんどの料理にたくさんの唐辛子を使いますので、辛い料理が得意だという日本人であっても口がしびれるほどに辛かったり、料理を食べた翌日にはお腹の調子を壊してしまうケースも少なくありません。

ただし、ベトナム料理というのは他の東南アジアの国の料理比べると、そんなに辛いものが多いわけではないのです。

日本人にも馴染みの深い生春巻きや、フォー(麺料理)だったり、ブンボーというサンドイッチのようなものもあります。

ベトナムは、もともとフランス領だったのでパンがとても美味しく、フランスパンを使った料理もたくさんありますから、日本人でもとても食べやすいものが多いのです。

ですが、ニョクマムと言われるベトナムの魚醤はちょっとくせがあるので好き嫌いは分かれるかもしれません。

日本で言う醤油と同じような扱いで、割とどの料理にも使われていたりします。

ベトナムで仕事をするとなると、やはり普段からベトナム料理を食べる機会が多くなりますから、いろいろな料理に挑戦して自分の好みの味を見つけていきたいものです。

食生活が合わないとなると、なかなかベトナム現地で長期間生活するのは難しいですし、非常にストレスも溜まってしまいますから、まずは日本にあるベトナム料理屋さんなどで現地の味を試してみるのも良いのではないでしょうか。