求人探しや就活を始める前に知っておきたいベトナムでの生活費

就職活動の季節がやってきました。就職活動といったとき、まず思い浮かべるのは、日本企業に就職して、今までどおり、日本で暮らしていくことでしょう。

しかし、選択肢は本当にそれだけでしょうか。現代はしきりにグローバリズムが叫ばれる時代。

そう、外に、外国に出るという選択肢もあるのです。

とはいえ、外国において就職するというのは少し考えればわかることですが、なかなかにハードルが高いものです。

一つには、物価の違い、また、そこから生じる生活費の違いがあります。

日本の物価や生活費に対し、大幅にそれを上回る国に向かうのは一般的に、得策ではありません。例えば、普通の人間である私たちが、物価が日本に比べてあまりにも高いアメリカ、シリコンバレーに暮らすことは現実的ではありません。

では、どの地域、どの国が金銭的な点において、日本で就職するよりも得策になり得るのでしょうか。

その一つの答えとして、ベトナムがあります。ベトナムの求人を調べて見る価値はあるはずです。

結論から言うと、ベトナムの物価は日本の4~5分の1ほどです。

これはつまり、生活費が日本におけるものに比べて、4~5分の1で済むということです。これは冷静になって考えてみれば凄いことです。例えば、年収250万円を稼ぐことはそう夢のような話ではありません。ここで考えてみてください。

日本における年収250万円はベトナムにおいてどれほどの価値を持つでしょうか。

単純に計算すれば、それは1000万円相当以上になります。落ち着いて考えてみれば、同じ額を稼いだとしても、その価値は国によって変わるのです。

つまり、同じ稼ぎを得たとしても、日本における価値よりベトナムにおける価値の方が圧倒的に高いのです。就活を始める前に、このようなことを考えることは、あなたの人生にとって有益になるのではないでしょうか。