かつてフランスの統治下ベトナムでの料理と食文化

ベトナム求人と運良くめぐり合って働くことが決定した場合、現地の食事については既に把握している人は多いでしょうか。

かつてフランスの統治下にあったベトナムは、料理でもタイなどの近隣の国の影響と、フランス料理の影響とを両方受けています。そのため、ベトナムの食文化はタイ料理よりはマイルドで日本人の口に合いやすいと言われています。よく使われるヌクマムという調味料は、魚醤、つまり魚から作った醤油で、日本でもしょっつるという同じような調味料があります。もちろん、ココナツミルクを多用するとか、パクチーやバジルなどハーブを多用するなど、日本とは違う面も多々ありますが、米や麺が主食なので受け入れやすいです。
米は長粒米ですが、ぱさぱさした感じはしません。ベトナムの煮付けた魚と一緒に食べると、箸が進みます。麺は米でできたフォーやブンなど様々です。ベトナム風のお好み焼きであるバイン・セオやフランスパンで作ったサンドイッチのバイン・ミーは一回食べるとやみつきになる日本人も多いそうですが、たまに大きな唐辛子がそのまま入っていることもあるので気をつけましょう。

甘いものは、シントーといういわゆるシェイクや、チェーというココナツミルクを使ったお汁粉、焼きバナナなどがあります。スイーツはココナツを使ったものが多いので、苦手な方は少し辛いかもしれません。ただ、ココナツが入っていないものがまったくないわけではありませんので、ご安心を。
ベトナムは南北に長い国なので、食文化も北のフエから南のホーチミンまで、かなり違いがあります。米はどちらも食べますし、麺料理はどちらも多いですが、種類や具が違います。もしベトナムに行かれる際には、その土地土地の味を楽しんでください。