求人探しに知っておきたい電子部品、衣類を始めとする日本との産業の関わり

vietnamscene
ベトナムという国は南シナ海に面している細長い国であり、中国と国境で接していて、首都はハノイ、南部にあるホーチミンとこの2つの市に大部分の人口と産業が集中しており、人口はどんどん増えていることから若い人の労働力のある活気のある国となっています。

多くの外資系の企業がベトナムに投資しており、人件費の安さから工場を建設し、活動の拠点にする先進国が増えてきていて、日本企業も例外ではありません。電子部品や衣類などの洋服の生産をベトナムでしているところが増えているのです。求人を探すならこの分野事業が狙い目です。

というのはベトナムというのは人件費が安いだけではなく、国自体オーダーメイドで服を作るということが盛んに以前から行われてきたところであり、そうしたテーラーのスキルが長年受け継がれているので、衣類関係を製造するにはぴったりの環境にあるのです。

日本はこれからベトナムに進出する企業が増えてくると思われますし、実際にそのようになっています。ベトナムはオートバイの多い国ですが、近年では自動車の普及が進んでいて、交通渋滞と公害が大きな問題になってきていますが、こうした面を考えるとビジネスとしては自動車、そしてバイクメーカーはベトナムを大きな市場ととらえ、よりクリーンで環境のよい乗り物を販売することが今後ビジネスをより広げることにつながっていきます。

ベトナムは少数民族が山間部などに無数にあり、そのエリアで独特の言葉が話されています。派手な民族衣装を着ている人が多くとてもセンスのよいものとなっていてちょっとした観光の見どころになることさえあります。ベトナムの産業は観光業としてはハノイ、ホーチミン、そしてダナンといったリゾートエリア、そしてメコン川、その他世界遺産などが幾つかあります。

コーヒーの生産では世界でも有数の地であることがポイントであり、これからますます発展していくであろう雰囲気があります。日本との関わりは中国との領土問題があるために、共通する悩みを抱えており、その面での協力関係が進んでいくことになります。

ベトナムでは日本企業を相手にする仕事の求人も探せる
コチラも参考に。