CD、音楽、本、、コピー品が登場するベトナム

日本でも音楽や映画、パソコンのソフトウェアなど、さらには最近ではゲームソフトなども違法コピーが蔓延していてとても問題になっています。

取り締まりも厳しくなっていますから、アップロードしているだけではなく所持していて問題になるというケースもあるのです。

こうした違法コピー品というのは、ベトナムでは非常にありふれていて、意外なものまでコピー品が出回っていたりもするのです。

たとえば、新しい本が出版されて店頭に並ぶと、その数日後にはすでに本物と同じようなクオリティのそっくりなコピー品が本屋さんに堂々と並んだりもします。

中身が変わらないのであれば、価格の安いコピー品を選ぶので本物が全く売れない状況になってしまうのです。

また、街中にあるごくごく普通のCDショップで買い物をしたのに、封を切ったら中身はCD-Rで作られたコピー品だったというケースもあります。

ベトナムで生活していると手に入らないかな?と思ってしまうかもしれませんが、ベトナムで日本の音楽を聴いたりテレビドラマや映画を見たいときも、日本のものもベトナムですぐにコピー品が手に入ってしまうのです。

もちろん、こういったものは違法ですから、なるべく避けて生活するようにしたほうが安心です。

非常に安価で手に入ってしまいますので、これはオイシイと思い日本で販売しようなんてことを考える方もいるのですが、れっきとした犯罪ですから気をつけるようにしてください。